2005年12月 7日 (水)

冬の花屋さん。

DSC00581DSC00599DSC00597         

         

         

ちょくちょく登場するけど、うちの実家は花屋なのだ!

まっ、それで何気にサイド・バーに宣伝してたりもするのだけど(笑)

冬になると、北海道では雪が積もってしまうので、

残念なことに外で花を見る機会がめっきり減ってしまう。

その分、春を迎える喜びはひとしおだ(^▽^)/

花屋でも、春になると様々な花が所狭しと並ぶ♪

春は悦びの季節だ!

でも、この季節、花屋が寂しいかといえば、決してそんなことはない!

この季節には、この季節にしか店頭に姿を見せない花達もいる。

みなさんは、この時期、どんな花を思い浮かべるだろうか?

う~ん、やっぱりポインセチアかな?

近頃はクリスマスといえば、どこの花屋でもポインセチアが

店先にズラ~ッと並ぶ。

赤と緑のコントラストは、まさにクリスマスがよく似合う♪

DSC00596DSC00586DSC00582          

         

         

最近では、ポインセチアも単なる赤1色じゃなく、シボリの柄が

入ったものや、ちぢれたようなシワシワな形のものまである。

でも、この時期だからって、ポインセチアばかりじゃない。

他にもいろいろな花が店には並んでいる。

DSC00583DSC00595DSC00598          

         

         

DSC00600DSC00592DSC00585           

          

         

DSC00587DSC00590DSC00584          

         

         

そして、もうすぐお正月用の花が店を賑わせる♪♪

花もいいもんだね~(^ー^)

| | コメント (8)

2005年8月13日 (土)

くじらバーガー!

先日、国際問題に発展した、函館発ラッキーピエロのくじらバーガーを食してみた!まぁ、普通のハンバーガーの方が美味いね。しかし、これもブログの為!でも、他のは相変わらず美味かったよ。ラッキーピエロまいう〜050813140217.jpg

【釧路でもクジラ・バーガー食べられるってさ↓】

http://blog.goo.ne.jp/ku710600/e/7258c52ff2b1cc51f97f34723c881f47

| | コメント (10)

2005年6月27日 (月)

「焼き鳥」と「豚串」の関係。

みなさん「焼き鳥」って、ご存知ですか?

いきなり冒頭から、バカにすんなと?(笑)

しかし、この質問には理由があります。

“東京弁”が標準語とされている以上、地方によって、

方言というのは少なからずあるはず。

北海道で言えば、「なまら=(すごい)」、「しばれる=(寒い・凍る)」、

こわい=(疲れた)」、「なげる=(捨てる)」などなど・・・。

例えば、それは言葉だけではなく、先日書いた

函館の七夕』などの文化の面でもそう。

北海道という大きな括りの中でも、他の都府県との違いは

たくさんあるけど、これが地方へ行くとさらにもっとdeepになる!

ここで今日はまた我が生まれ故郷 ≪函館≫(道南地方)の

違いをひとつ紹介♪

それで改めて・・・、みんな焼き鳥って知ってる?

バカにしてるわけじゃないよ(笑)

好き嫌いは別として、みんな1回くらいは食べたことあるよね?

居酒屋で宴会したら、よく出てくるしね。

もしかしたら、「今日、食べたよ♪」なんて人も・・・(^^)

でも・・・、それ本当に「焼き鳥」だったぁ!?

だって、俺は小さい頃から、家で「夜、焼き鳥食べるか?」って、

親に聞かれて「うん♪」って元気に返事をして、食卓に並ぶのは

か~な~ら~ず!!「豚串」だったよ(笑)

それで、全く疑問になんて思ってなかった!

それも大学に入るくらいまで!!!(#゜□゜#;)

だって、それが当たり前だったんだも~ん。だも~ん。だも~ん。

それも、我が家に限らず、函館全域で・・・。

っていうか、焼き鳥屋に行き、「焼き鳥1人前!」って注文すると

「豚串」が出てくるぜ!「焼き鳥」っつってんのに(笑)

  (函館に旅行に行き、焼き鳥を食べる際には気をつけろ!

   っていうか、せっかく函館に行ったら、普通は海の幸だよね♪)

でも、これにはちゃんとした理由があって、

そもそも、この「焼き鳥=豚串」のルーツは北海道 室蘭市

あると言われている。(今では室蘭焼鳥として、ブレイク♪)

それは戦後、食料もそれほど豊かではなかった時代に、

鉄鋼の町として栄えた室蘭で、屈強な労働者達は高価な鶏肉よりも

安価でボリュームのある豚肉を好んで食べたからだ。という説である。

ここから、室蘭を中心に道南地方へ広まり、

函館でも「焼き鳥」といえば「豚串」となったのだろう・・・。

  (ただし、室蘭と函館にも違いが、それはネギマのネギ

    室蘭は玉ねぎ、函館は長ネギな気がするんだが?どうかな?)

ちなみにGLAYのメンバーが高校生時代にバイトし、大好物だった

ということで全国的に知名度を上げた ローカル・コンビニの

ハセガワ・ストア(通称:ハセスト)で売っている

函館名物 やきとり弁当もちろん「豚串」だ!!

| | コメント (4)

2005年6月23日 (木)

函館の七夕。

「七夕 = ハロウィン」

って、いきなり言われても、「はぁ!?」だよね。

夏って、いろんなイベントがあるよね♪

夏祭り・花火大会・海水浴にキャンプとか!

全国的に共通なのは、やっぱり七夕かな。

地域によっては、この日を旧暦としたり、少し違いはあるけど、

函館では7月7日が七夕。

ところで、みんなも今まで当たり前だと思ってたことが、

実は物凄いローカル・ルールで恥ずかしかったなんてことあるよね?

俺もいくつか、そんな体験があって、実はその1つがこの七夕

どういうことかというと、ここで改めて冒頭に戻って、

七夕 = ハロウィン」ということになる。

実は函館の七夕はハロウィンなのだ!

ここでまた「はぁ!?」でしょ(笑)

これは俺も高校をでるまで全国共通の行事だと思っていたのに、

えらいカルチャー・ショックだよ。赤っ恥だよ(#^^#)

函館の七夕といえば、浴衣に提灯、そして手にはスーパーの袋

これが当たり前のスタイル!これで七夕界のファッション・リーダー♪

(でも、大体、これは小学校卒業とともに引退だよね?)

で、仲良しの友達と一緒に近所の家々を練り歩くのさ!

そして、勝手に玄関先まで入って、ある歌を歌う!!

竹に短冊、七夕祭り、大いに祝おう、

ロウソク1本ちょうだいな~♪♪♪

(歌詞に若干の地域差が。亀田小学校ではこれだった。)

これを歌い終わったところで、家主が例のスーパーの袋に

お菓子を入れてくれるのだ♪(昔はロウソク。今はお菓子が主流。)

《ちなみに七夕の時期には、子供にあげる為のお菓子を

買いだめておくのが函館一般家庭での常識で、お菓子は

大抵うまい棒やチロルチョコなど安価なもの。たまに少し高額な

ものを貰おうものなら、「あそこの家でポッキー1箱貰ったぜー!」

「すげーぇ!!」などと子供の評判UPになること間違いなし♪

俺はその昔、お肉屋さんで魚肉ソーセージ、和菓子屋さんで

豆大福を貰った経験がある(笑)花屋をやっているうちの実家では、

いつの頃からか、風船ヨーヨー(水・空気入り)を作って、配ってた。

意外と子供達に人気♪俺も作らされたなぁ~。》

ね?仮装はないけど、システムはハロウィンでしょ?

函館以外でも、似たようなことをしている地域はあるようだけど、

いずれにしても全国的には稀な習慣のよう。

今も続いているのかな?時代が時代だからね。

保護者同伴とか景色はだいぶ変わってそうだよね?

どうなのかな?今度、函館にいる親に聞いてみよう。

あ~、何だか久しぶりにあの七夕の風景を見たくなった!

今年の七夕は函館に帰ろうかな~♪

【関連リンク】

http://yaya.tea-nifty.com/lets_stroll/

| | コメント (17)