« 2006年1月 | トップページ

2006年2月 3日 (金)

北海道の節分。

今日は節分だねー♪鬼は外、福は内!!

豆を撒いて、歳の数だけ食べ、無病息災を願う♪♪

日本に古くから伝わる伝統文化だね~(^ー^)

でも、これを聞いたら、道産子以外の人はみんなビックリするかなぁ。

初めて聞く人は相当なカルチャーショックだろうなぁ。

何のことかって?それは、タイトルにある通り・・・。

                                     

北海道の『節分』♪♪

節分でなぜそんなにショックを受けるか?

その理由は・・・、北海道では節分に大豆ではなく!

ドーン!!(ズバリ言うわよ風に効果音)

                                  

【落花生】を撒くのだー!!ドーン!!!

                                   

どう?驚いた??

俺はむしろ北海道以外では落花生を撒かないと聞いて驚いた(^^;

北海道では、スーパーに行っても落花生が1番に並んでいるよ♪

もちろん、鬼のお面付きでね(笑)

あわよくば、落花生どころか、飴とかも混ぜて投げるよ♪

では、なぜ大豆ではなくて、落花生なのか?

これには諸説様々あるんだけど、今日はその中でも代表的なものを

ちょっとご紹介(^▽^)/

                                     

その代表的な理由とは、撒いた豆を拾って食べられるから

って言うと、また北海道以外の人は「撒く豆と食べる豆は別だよ!」

って言うだろうけど。

元々、北海道の多くの人は土地を開拓して移民してきた人々。

だから、伝統や風習に捕われず合理的に割り切って、

新たな文化を抵抗なく受け入れられる素養を持っている。

そういう気質が土台にあって、道産子的思考では

節分で撒いた豆を食べないなんて勿体無い!と考える。

そして、節分の時期は雪がたんまり積もっている。

撒いた豆が濡れても食べられるように、殻が付いている

落花生を撒く習慣が徐々に広がっていったようだ♪

さらに落花生は秋から冬に収穫され、カロリーが高いことから

冬に食べる豆として寒冷地では好まれたようだ。

今では東北地方の多くや、東北以南でも衛生的であるという理由や

食べ物を粗末にしないということから、落花生を撒く家庭が

増えているらしい。

                                     

う~ん、北海道は遠い昔から世界に先駆けて「もったいない運動」を

実践していたんだね♪ 素晴らしい~♪♪

それにしても、落花生って1つの殻の中に豆が2粒とか入ってるよね。

じゃあ、歳の数だけ食べるときは、殻1つで1歳分??

それとも、2粒入ってるから、殻1つで2歳分????

                                   

                                    

【鬼が来るか、福の神が来るか!?戦々恐々の方々♪】

果てしない!?戯言。」さん♪

dynagoneの粒焼き」さん♪

★★さちおみなみ通信★★」さん♪

Beauty Piece of Cake」さん♪

| | コメント (8)

« 2006年1月 | トップページ